西表島の魅力は?

意外と知らない!?西表島ってどんなところ?

沖縄本島から約460km南西に位置する西表島は、島の面積が約280平方km、周囲が約130kmと八重山諸島の中でも最大の面積を誇ります。島の約90%が亜熱帯雨林のジャングルで覆われ、手つかずの透き通るような美しい紺碧のビーチに、独自の進化を遂げた島固有の動植物の姿などが見られます。まさに太古の昔の原始的な地球の姿を映しだしているかのような島です。
西表島にはイリオモテヤマネコをはじめ、セマルハコガメ、カンムリワシなど数多くの天然記念物が生息しています。また400種類を超えるサンゴや豊富な海洋生物が生息し、東洋のガラパゴスとも称され、学術的にも貴重な自然を有することから島全体が国立公園に指定されています。

神秘の楽園、西表島へ行こう!

石垣島から高速船に乗って約40分ほどの所にある西表島は、アクセスも良く、沖縄を訪れるツアー客にも非常に人気が高いです。西表島では大自然を満喫できるアクティビティや観光スポットなどが豊富にあります。その中でも特におすすめしたいのは、広大なマングローブ林の中を歩くジャングルトレッキングです。歩くだけでなくカヤック体験なども楽しめるので、人々の冒険心をくすぐるとても魅力的なアクティビティの一つです。島特有の貴重な動植物を眺めながら、人気の観光スポットであるピナイサーラの滝などを最終目的地として目指しますので、着いて滝を目にした時の達成感はまさに言葉にもならないほどです。心と体、両方で西表島の大自然を体感できる貴重な体験をぜひ味わってみてください。