美ら海水族館、与那覇岳で大満足の旅を

大迫力のスケールとユニークな展示を楽しんで!

沖縄と言えば、美ら海水族館ですね!ここの主役はなんと言ってもジンベエザメでしょう!複数飼育が難しい生き物と言われていますが、この美ら海水族館ではそれに成功しており、館内のメインスポットであるアクリルパネルの中ではジンベエザメの群泳を見ることができます。ゆったりと泳ぐその姿は、海の大きさや、自然への敬意をも感じさせてくれる特別なものです。加えて、エイ類最大と言われるナンヨウマンタが雄大にひらりひらりと泳ぐ姿も美しく、それらの大きな生き物の周りを泳ぐカラフルな魚たちも併せて、素晴らしい天然のショーが見られます。また、他では見られないユニークな展示もあります。「サメ博士の部屋」では、様々な種類のサメのあごの骨や、皮が展示してあり、直に触ることもできるんです。那覇方面から向かう途中のコンビニや道の駅では、入場券が割安で販売されていることもあるので、ぜひチェックしてください!

やんばるの空気を満喫!与那覇岳をトレッキング。

美ら海水族館よりもさらに北を目指し車で1時間半ほど走ると、国頭(くにがみ)村があります。そこにそびえ立つのは、沖縄本島最高峰の与那覇岳です。「やんばる」という言葉を聞いたことがありますか?それはまさに、この国頭エリアのことで、このエリアにしか生息していない生き物がいたりします。ヤンバルクイナもそのひとつで、天然記念物に指定されていますね!このやんばるの、亜熱帯性気候の自然環境を満喫できるのが、与那覇岳登山コースです。往復で約3kmとなる登山コースですが、高低差は70mほどありますので、坂道を登ったり降りたりとなかなかいい運動になりそうです。途中には沢も数か所あるので、そのせせらぎの音を聞きながら木洩れ日を感じ、澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込みながら癒しのひと時を過ごせるでしょう。